ロータリー研削・研磨加工(量産品対応)

ロータリー研削とは

ワークを回転させるマグネット円テーブルとテーブル面に垂直な砥石軸を持ち、
回転するワークを回転する砥石で削る研削方法です。

弊社では、砥石フランジに長方形の砥石を円周状に並べ研削するタイプの機械を採用しており
ワッシャー、止め輪 等の丸物 ライナー、プレートといった角物の研削加工を行っております。

材質

鉄、ステンレス、焼き入れ鋼


特徴

  • 加工治具が必要ないので即対応が可能
  • 両面で取り代を変えて研削できる
  • 研削力が強いので取り代が多い物、
    研削面積が広いワークに適している
  • 厚物の研削加工ができる
  • 大型ワークの研削加工ができる
  • 仕上げ面が円弧のアヤメ面になる
精度:±0.015~
板厚:t=1.5~
最大径:Φ1000
生産量:1日6000~8000ヶ

 加工実績

ライナー、プレート
ロータリー研削:ライナー、プレート


 

眞和製作所にお任せください!!

眞和製作所では、整った設備と確かな技術で量産品の研削・研磨を請け負い致します。
コスト面を努力するだけでなく、品質面も同時に努力し30年間勤めてまいりました。
値段のご相談、特殊な形状、ロット数の多少、、等々
また、同業者様でも荒研削だけをお願いしたい等々でお手伝いさせて頂く事がございましたら
ご相談に応じますので、お気軽にお問合せ下さい。